パナマ」タグアーカイブ

パナマゲイシャ販売再開です。

先日お知らせしておりました、2019年のパナマゲイシャ種(ナチュラル)のニュークロップを入荷しましたので、販売を開始しております。

◇販売価格◇
店内ハンドドリップ¥1,200
コーヒー豆100g¥2,800

パナマ ゲイシャ・ワイニー
原産国:パナマ
地域:チリキ県カンデラ地区サンタクララ
農園:オホデアグア農園(ハートマン)〈タイガー〉
規格:SHB
スクリーンサイズ:16-
標高:1,600m
開花時期:2018年7月
収穫時期:2019年2月
船積時期:2019年8月
精製方法:ナチュラル
果肉のまま天日干し

オホデアグア農園のゲイシャコーヒーは、パナマの品評会“BOP(ベストオブパナマ)”には出品しておりませんが、オークションロットにも負けない芳醇な香りとジューシーな舌触りがコーヒーの果実感を感じさせてくれます。

ハートマンファミリーがハートマン農園とは別に所有するオホデアグア農園は、ハートマン農園よりも標高が100メートルほど高い位置にある。
 オホデアグアとは直訳で「水の目」、つまり湧水のことです。農園内に地下水が湧き出しているポイントがある事から、オホデアグア(湧水)農園と名づけられた。
 タイガーとは農園内のブロックの名で、タイガーでは2009年よりゲイシャ種の栽培を始めている。

ハートマン所有の農園

この農園は原生的な自然環境を保全したエコツーリズム農園。ハートマン農園(オホデアグア農園)のロゴに”Bird Friendly”と明記されていますが、ハートマンは正式にスミソニアン渡り鳥センターの”Bird Friendly”の認証を取っていないので、誤解のないようにお願いします。スミソニアンのロゴは全く違います。ハートマンはロゴ全体を商標登録して いるだけです。但し、農園環境は自然環境を保全しているので、野鳥には優しい農園であることには間違いありません。

デカフェが美味しくなります。一部メニュー変更のお知らせ。

まだ残暑ではありますが、10/1より一部メニューを変更致します。

変更メニュー
◇開始◇
サンドイッチの具材より、キノコ&チーズ・チキンマリネ
◆終了 ◆
水出しアイスモカ
サンドイッチの具材より、スモークサーモン・チキンサルサ

また、カフェインの生豆を変更しましたので、カフェインレスコーヒーが美味しくなりました。
  新しく使用しておりますデカフェ豆は、ブラジルのナチュラル製法の豆です。デカフェ臭が大幅に抑えられており、コーヒー豆本来の香りもしっかりと残って飲み応えが全くと言っていいほど変わります。
 仕入れ価格が上がってしまうため、店内一杯取り価格¥550→¥600、豆売り価格¥600→¥700と値上げさせて頂きますが、2019年産のパナマ ゲイシャの入荷までは(10月中予定)従来価格でサービスさせていただきます。この機会に是非お試しください。

いよいよ夏も終わりに近づき、ホットコーヒーの美味しい季節がやってまいります。在庫が切れておりましたパナマ ゲイシャも入荷予定ですので、お近くをお立ち寄りの際はぜひシャンズカフェをご利用ください。お待ちしております。

※カフェインレスコーヒーについて※
 今まで使用していたデカフェ豆は“マウンテンウォータープロセス ” という、薬品を使わない水によるカフェイン除去の製法で、安全性が高く比較的低コストでしたがデカフェ特有の臭気があり、豆本来の香りやカフェイン以外の成分も抜けてしまうという大きなデメリットがありました。
 今回変更したデカフェの豆は“液体二酸化炭素抽出法”というドイツのCR3社による特許製法でカフェインを除去しています。
 こちらも化学薬品を一切使わずに、液体の二酸化炭素によるカフェイン除去の製法でカフェインの残留率は0.1%以下となります。
 除去過程の温度が22~25℃、気圧が70~75気圧とコーヒーの生豆に負担がかかりにくく、旨みとなるポリフェノールの流出も少ない製法となっております。
 「カフェインが無いと物足りない」という方に是非試して頂きたいカフェインレスコーヒーです。

今シーズンのパナマが終売です。

当店のレギュラーメニューとして使用している「パナマ ゲイシャ(ナチュラル)」がご好評につき、2018年分が終売となりました。
2019年分のニュークロップは9月頃に入荷予定となっており、その際にお知らせ致します。

また限定販売として「コロンビア エメラルドマウンテン」を販売しておりましたが、こちらもお客様から大変ご好評を頂きましたので、レギュラーメニューで使用しております「コロンビア ウィラ エルパライソ農園」と変更致します。